ベテラン看護師人生のまとめ

女性/30代
経歴:大学病院産婦人科・小児科病棟3年、総合病院産婦人科・外科病棟4年、
   公立病院産婦人科・内分泌病棟3年

看護師、助産師として10年以上の臨床経験があります。現在1歳児の子育てをしながらパートの保健師として勤務中です。
子育てが一段落したら、フルタイムでの勤務に戻る予定です。

プリセプター制度

私立大学附属の大学病院に勤務しましたプリセプターがついてくれて指導を受けました。プリセプターに関しては、何人か候補がおり、
直接話をしたりして相性の合いそうな先輩を選ばせてくれました。

帰宅が遅くなることも

患者に対して指導することが多かった病棟だったので、指導案作りなどがとても多く、自宅でも課題に追われていました。
また、勤務終了後も処置や指導の見学などをしなければならなかったりして、帰宅時間が遅くなることも多かったです。

新人の失敗

点滴の流量を間違えるというミスを起こしてしましました。

尊敬する先輩の指導

今までに辞めたいと思ったことはありませんでした。
配属された病棟には新人が私一人だけでした。プリセプターはじめ師長や主任等とてもフォローしてくれました。課題が多く、入職して3~4カ月は身体的にきつかったですが、指導はとても丁寧でした。比較的何でも言いやすい環境だったので辛い時も正直に話をしました。その都度相談して解決できていたので、不満等を抱え込むことも少なく過ごせました。また、プリセプターと師長は、私が学生時代に指導を受けたことがあり、私自身とても尊敬していた看護師でした。その看護師の下で指導を受けれることがうれしかったので、それも辞めたいと思わなかった理由の一つかもしれません。

医療の複雑化

医療が複雑化している中で、現状の看護教育が追い付いていないと感じる部分があります。そしてそれを十分に補って指導できるだけの環境が臨床現場で整っていない所も多く、新人看護師にとってはなかなか厳しい環境だろうと思います。私が新人として入職した頃より、いろいろ厳しい面も多く、そのような現実には戸惑うと思います。

自ら行動を起こすことが大切

職場の先輩は誰しもが新人に育って欲しいと思っています。わからないこと、辛いことは正直に話して欲しいと思います。自分が言わないと、誰もわかってはくれません。それは先輩が冷たいからではなく、どんなことも自分からアピールしないと伝わらないものなのです。わかって欲しいと待っていても誰も何もしてくれません。学生でしたら先生が顔色を見て手を差し伸べてくれたかもしれませんが、もう社会人です。そこは、学生の時と同じような姿勢ではなく自ら動いてください。動けば必ず先輩が助けてくれるはずです。